浅析东野圭吾《解忧杂货店》的治愈主题

admin/2020-07-05

  東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』から見た「心の癒し」_日语论文

  摘要

  《解忧杂货店》是东野圭吾的一部非推理小说,也是其继《白夜行》后最受欢迎的作品。书中,东野并不强求推理技巧,也不旨在写出一部旷世的本格推理小说,而是将关注点聚焦在社会与人性上,以此与读者产生共鸣。在细腻的观察背后,再加上对结构及叙事方法的精妙构思,更足以牵住读者,使得情感在最高点淋漓尽致地释放在读者心中。互不相识的人因一家可以咨询烦恼的杂货店而走到一起,虽未谋面,心与心却真诚相对。《解忧杂货店》是一本表达治愈恰到好处的书。现代人内心流失的东西,这家杂货店能帮你找回。

  关键词:治愈 选择 成长 人性 羁绊

  要旨

  『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は東野圭吾作の非推理小説であり、『白夜行』に続くベストセラー作品である。作中で東野圭吾は推理を強要するわけでもなく、本格推理小説を思わせる描写も描かれていない。社会の人間にフォーカスを当て、読者への共感を生み出している。細かな背景を叙事する巧妙な構想は更に読者を物語の中へと引き込む。登場人物は互いに面識はない人が、ナミヤ雑貨店での悩み相談を通して次第に心を通わせていく。これこそが東野圭吾が求める表現なのである。現代人の心から失われたものを取り戻す癒しの一冊の本である。

  キーワード:心の癒し 選択 成長 人間性 束縛

  目次

  摘要

  要旨

  1 はじめに 1

  2 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』について 1

  3 心の癒し 2

  3.1選択 2

  3.2人間性 4

  3.3成長 5

  3.4束縛 6

  4 おわりに 6

  参考文献 8

  謝辞 9

  歌舞伎と京劇について_日语论文

  摘要

  歌舞伎是日本独有的剧种,同时也是日本的传统艺能之一。京剧是中国戏曲的代表。日本的歌舞伎和中国的京剧都是人类灿烂的文化遗产,具有数百年的历史,可以说二者都集合了艺术的精华,体现了本民族的文化素养。随着历史的变迁,社会的发展,这种古老的艺术形式也经历了从兴盛到衰落的过程。为了顺应时代的发展,京剧和歌舞伎也在继承传统的基础上继续革新,吸收现代元素,与时俱进。本文通过对歌舞伎与京剧的研究,探讨两者之间的异同,从而加深对中日两国传统文化的了解。

  关键词:歌舞伎 京剧 艺术 发展

  要旨

  歌舞伎は日本ならではの演劇であり、同時、日本の伝統芸能の一つでもある。 京劇は近代中国の戯曲の代表である。日本の歌舞伎と中国の京劇は人類の輝かしい文化遺産であり、数百年の歴史がある。京劇と歌舞伎が術の精髄を集め、本民族の文化的な素養を表していたと言える。歴史の変遷や社会の発展とともに、その古い芸術形式も隆盛から衰退までのプロセスを経ていた。時代の発展に順応するために、京劇は伝統を継承した上で革新を続け、時代と共に進んでいる。この論文は歌舞伎と京劇に対する検討を行い、両者の共通点と相違点を検討することで、それによって中日両国の伝統文化への理解を深めていく。



上一篇:日本刀的优缺点
下一篇:没有了